樹下ブロ

レゴでいろいろなものをつくっています

08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

ミサイルタンクその後 

前にレゴで作成した
「ミサイルタンク」の動画を撮影しました

ミサイル発射の瞬間は一瞬ですよ


[広告] VPS


と、こんな感じで
ず~っと遊んでたら
モーターの近くから
カリカリカリっといや~な音が・・・

早速分解して
中を確認

IMG_0345.jpg

モーターに取付けていた一番小さな
ギアとその隣のギアが欠けていました
どうもギアのかみ合わせが悪くなって
空転していたようです

実は完成後、ボディのあまりの重量にパワーが不足していたように感じたので
モーターをより強力なXLモーターに換装したのが
原因のひとつのようです

かといってクラッチギアなんか使っても意味ないし・・・

数時間の試行錯誤を経て
色々試したものの、改善したり、しなかったりで
どうもうまく行きません

調べた結果
原因はボディの剛性不足であると結論付けました

強力モーター → ボディにひずみ → ギアに隙間(約2ミリ) → 空転

こんな感じです

この作品、外装にはテクニックパーツを
多用していますが
写真のように基礎の部分はシステムパーツで作製しています

特にキャタピラホイールを取付けている
シャーシのサイド部分は
リフトアームではなく穴あきビームを使用しているのですが
このパーツだと、前後左右方向の力には
強いのですが、上下方向はポッチだけの
接合なので、特に大きな力に弱いことが分かりました

また、空転は特に大きな力がかかりやすい前進から後進への
切り替え時に発生することも分かりました

どうやらポッチで接合するシステム系パーツでは
強度に限界があるようです

根本的に解決するためには
テクニックパーツでフレームを作り直す・・・しかありません

さあ、どうする??
関連記事

category: 色々な作品たち

2011/03/05 Sat. 11:36 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jugeblo.blog133.fc2.com/tb.php/46-e8e4beca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。